ページ内検索

アルバイト適性検査のメリットは?選ぶ際のポイントや事例を紹介

「アルバイト人材がうまく採用できない」「採用できてもなかなか定着しない」とお困りの方は多いのではないでしょうか。アルバイト採用は基本的に1回の面接で採用の合否を判断するため、応募者を見極めるのが難しいといった課題があります。

この記事では、アルバイト採用において重要なポイント、昨今見受けられる適性検査をアルバイト採用に導入するとどのようなメリットがあるのかなどを詳しく解説します。

 

 

目次

1.アルバイトの採用で重要なポイントとは
2.アルバイトで適性検査を行うメリット
3.適性検査を行った方がよい業種・職種
4.適性検査を選ぶ際のポイント
5.アルバイト向けの適性検査システム「Talentgram」
6.「Talentgram」の実績紹介
7.アルバイトの適性検査を行うことで採用のミスマッチを減らそう

 

 

1.アルバイトの採用で重要なポイントとは


 

アルバイト採用で重要なポイントは、以下の3点です。

 

  • 応募者が希望する条件をクリアにする
  • 評価基準を明確にする
  • 応募者の意向醸成を行う

 

まず、応募者が希望する条件を正確に把握するよう心掛けましょう。そのためには、「いつから働けるのか?」「週に何日働けそうか?」「どの程度の給与を希望しているのか?」など、具体的かつ明確な質問を投げかけることが大切です。

アルバイトの面接は、新卒採用や中途採用とは違い、基本的に1回の実施で合否を決定します。2回、3回と面接を実施してしまうと応募者にとっては負担となり、他のアルバイト先を選ぶ可能性が高くなります。一度の面接で可能な限り条件をすり合わせるためにも、具体的な質問を通じて応募者の希望を明確に把握しましょう。

また、アルバイト採用における評価基準を明確にするのも非常に重要です。例えば接客業の場合、身だしなみや言葉遣いがきちんとしているかはマストの条件になるでしょう。他にも、すでに働いているメンバーとの相性面を考慮するなど、自社にとって必要な人材を定義します。

評価基準が明確でない場合、面接をしても合格か不合格かの判断が難しくなります。「良い人だけど、もしかしたら他にもっと良い人がいるかも」といった欲が出たり、「良い人が複数人いて甲乙つけ難い」などといった判断基準が明確でないために応募者のどこを評価すればいいかわからず、しばらく待たせているうちに別のアルバイト先で働く意思決定をしてしまったりする可能性もあります。どの要件を満たしていれば合格とするのか、明確な判断基準を持つようにしましょう。

最後に、応募者の意向醸成を行いましょう。応募者は他にも複数のアルバイト先で面接を受けているかもしれません。「あなたと一緒に働きたい」という気持ちを伝えるだけでも、応募者に与える印象は違います。また、応募者から希望を聞くなかで、提供できるメリット、評価しているポイント、どのような期待をしているかなどを面接時に伝えるようにしましょう。応募者は、真剣に向き合ってくれるあなたの姿勢を評価し、興味を持ってくれるかもしれません。

 

 

2.アルバイトで適性検査を行うメリット


 

適性検査と聞くと、新卒や中途採用など、正社員採用に活用されているイメージをお持ちではありませんか。昨今は、アルバイト採用においても導入されている事例が多く見受けられます。そのメリットを解説します。

 

仕事内容に合った能力を持っているかわかる

1つ目のメリットは、応募者が仕事内容に合った能力・スキルを持っているかが把握できることです。例えば接客業の場合なら、適切な日本語を用いたコミュニケーションがとれるかを確認するテストを行います。アルバイトの業務を任せるうえで必要最低限の能力・スキルがあるか、定量化されたデータに基づいて判断できることは、適性検査の大きな魅力です。

 

応募者の特性や性格を知ることができる

2つ目のメリットは、応募者の特性や性格を知ることができる点です。適性検査のなかには性格検査もあり、面接では掘り下げづらい応募者の性格や考え方、志向などを明確にできます。

例えば、一人で作業をするのが好きな人に接客のような他人と積極的に関わる仕事を任せてしまうとストレスになり、短期の離職につながる恐れがあります。採用後のミスマッチを防ぐ意味でも、応募者の特性や性格を把握することは重要です。

 

一緒に働く人との相性を見ることができる

3つ目のメリットは、一緒に働く人との相性を見ることができる点です。同様の適性検査を他のメンバーも受けていれば、特に性格面での特徴をデータで表し、相性の良し悪しが判断できるでしょう。

例えば、メンバー全員の協調性が高くチームワークを大切にしている場合、職人気質で個人での作業を好む人を採用することは、相性の面から考えるとリスクとなり得ます。

 

 

3.適性検査を行った方がよい業種・職種


 

適性検査は、業種・職種にかかわらず、可能な限り実施することをおすすめします。

どんな仕事であっても、一度の面接で応募者を深く知るには限界があり、採用してからミスマッチに気付いたとしても、それまでに費やした時間やお金は戻ってきません。効率や費用対効果も考えたうえで、応募者の能力・性格が募集している仕事に合っているか、適性検査と面接を通じてしっかり確認しましょう。

 

 

4.適性検査を選ぶ際のポイント


 

ひと口に適性検査といっても、さまざまなサービスが存在します。選ぶ際には主に以下の3点に着目しましょう。

 

アルバイト・パート向けの診断内容かどうか

1つ目は、アルバイト・パート向けの診断内容になっているかどうかです。同じ適性検査でも正社員向けの場合、問題数や難易度が大きく異なり、把握しておきたい情報を適切に収集できない可能性があります。提供されている適性検査がアルバイト・パート向けの診断内容であるか、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

導入しやすい費用体系かどうか

2つ目は、導入しやすい費用体系かどうかです。サービスによって費用はさまざまですが、個別実施ごとに費用が発生するモデル、定額で実施無制限のモデル、定額で実施数の制限があるモデルなど、さまざまな費用体系があります。また、初期費用としてシステム導入費がかかるケースも見られます。

例えば、応募者数がそこまで多くないのに定額モデルにしてしまうと、費用が必要以上にかさんでしまう可能性があります。そうした場合は個別実施ごとに費用が発生するモデルがおすすめです。アルバイト採用の現状を正しく把握し、どの費用体系が最も効率的かを判断しましょう。

 

応募者への負担が大きくないか

3つ目は、応募者への負担が大きくないかです。応募者のデータを取りたいがために質問数が多かったり、難易度が高すぎたりする適性検査を実施すると、応募者が適性検査を途中でやめてしまう可能性が高くなります。「このアルバイト先は適性検査が面倒だから他のアルバイトにしよう」と思われてしまうと、適性検査の実施どころか、面接に出席してもらえなくなってしまうかもしれません。応募者への負担が大きい検査になっていないか、導入前にしっかり吟味しましょう。

 

 

5.アルバイト向けの適性検査システム「Talentgram」


 

エスプールリンクでは、アルバイト向けの適性検査システムである「Talentgram」を提供しています。所要時間は3分程度で、応募者は心理テストや性格診断のような感覚で20問のランダムな質問に答えるだけ。負担は小さく、数値データとグラフで定量的にその人の性格や考え方を知ることができます。2,000万人を超える性格診断データに基づいて、個々の性格を31タイプに分類し特徴を分析することで、採用する会社との相性、課題解決能力の有無、早期離職防止、早期の活躍可能性が高い人材の発掘などが期待できます。

また、産業医・精神科医監修によるタイプ別の解説とコメントも得られるため、採用可否の判断はもちろん、合格後の他メンバーとの相性チェックなどにも役立てられます。

 

 

6.「Talentgram」の実績紹介


 

Talentgramはこれまで、飲食・小売・警備・介護・福祉など、幅広い業界の企業様にご導入いただいています。2,000万人以上に上る性格判断のデーターベースのもと、精度の高い診断を実現。診断時間は約3分。手間をかけずに適性の診断が行えます。心理学をベースに、さまざまなアルバイト業務に必要とされる正確な診断結果を提供しています。

採用課題に寄り添い、導入・運用の支援から、データ活用、提案改善まで、運用開始後もしっかりとサポートします。

 

 

7.アルバイトの適性検査を行うことで採用のミスマッチを減らそう


 

アルバイト採用は面接の回数が1回であることがほとんどで、応募者の人となりをその一度きりで見極めるのは非常に困難です。しかし、適性検査を導入すれば、面接内容と合わせて応募者の特性を定量化されたデータで把握できます。採用すべき人物か、他のメンバーと相性良く働いてくれるかを判断する際の情報が手に入るでしょう。

Talentgramは、エスプールリンクが提供するアルバイト向け適性検査サービスです。さまざまな企業の採用支援を通じて得た実績を基に、貴社のアルバイト採用をしっかりと伴走支援します。

失敗しないアルバイト採用なら、ぜひエスプールリンクにお任せください。

この記事をシェア
Share on Facebook
Facebook