ページ内検索

RPO(採用代行)とは?メリット・デメリットや選び方のポイントを紹介

 

欧米では一般的な手法であるRPO(採用代行)。採用市場は売り手市場が続くこともあり、日本でもRPO(採用代行)を導入する企業が増えてきています。

ただ、採用代行は馴染みがないサービスということもあり、「どんなサービスなの?」「アウトソーシングして大丈夫?」と不安になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、RPO(採用代行)の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。また、サービスの選び方のポイントについても詳しく解説します。

 

 

目次

1.RPO(採用代行)とは
2.RPO(採用代行)が注目されている理由
3.RPO(採用代行)の業務内容
4.RPO(採用代行)のメリット
5.RPO(採用代行)のデメリット
6.RPO(採用代行)を導入した方がよい企業とは
7.RPO(採用代行)サービスを選ぶ時のポイント
8.RPO(採用代行)サービス事例をご紹介
9.RPO(採用代行)サービスならエスプールリンクにお任せ!

 

 

1.RPO(採用代行)とは


 

RPO(採用代行)とは、企業の人事担当者に代わって採用業務を請け負うサービスのことです。RPOは「Recruitment Process Outsourcing」の略で、採用アウトソーシングと呼ばれることもあります。採用計画の設計から内定者のフォローまで、幅広い業務を依頼できるのが特徴です。

RPOでは、業務効率を向上させられるだけでなく、採用のコストを削減できます。また、人事のプロが採用を行うため、優秀な人材の取りこぼしを防げる点も魅力です。

 

 

2.RPO(採用代行)が注目されている理由


 

採用代行(RPO)が注目される背景には、労働人口の減少にともなう採用活動の激化により、人事部門だけでは採用活動に対応できないケースが増えていることが挙げられます。

リソース不足やスキル不足などの要因から採用代行(RPO)の導入を決める企業も多いようです。社員が少人数のため採用業務にまで人手を回せないという中小企業は少なくありません。また、採用活動が激化している中、人事担当者には採用に関する専門的なスキルが求められますが、企業によっては人事専門の社員がおらず、求める人材が採用できないという悩みを抱えている企業も多いようです。

上記のような課題を解消できるサービスとして、RPO(採用代行)は注目されるようになってきています。

 

 

3.RPO(採用代行)の業務内容


 

RPO(採用代行)では、主に下記の業務を依頼できます。

 

1 採用計画の設計

2 母集団形成

3 応募者管理

4 適性検査などのスクリーニング・採用選考

5 採用状況のレポーティング

6 内定者フォロー

 

応募者管理や内定者フォローだけではなく、採用選考なども専門的なスキルを持つスタッフに依頼できます。すべての工程を依頼することも可能ですが、最も負担の大きい業務の一部を依頼する方法もあります。

各業務内容について解説します。

 

1 採用計画の設計

採用活動を行う際、採用計画を設計することは非常に重要です。選考の流れだけでなく、企業が求めている人材のターゲットや採用基準を決めることで、採用後のミスマッチが防げます。

 

2 母集団形成

求める人材を採用する際に重要なのが、母集団の形成です。採用候補者を集める行為で、合同説明会、求人サイト、転職エージェントなどを通じて母集団を形成します。最もコストがかかる作業でもあり、アウトソーシングすることが多い工程ですが、RPO(採用代行)に任せることでより確度の高い候補者を集められ、採用後のミスマッチを防ぐこともできます。

 

3 応募者管理

RPO(採用代行)のサービスの中で最も多く利用されているのが、応募者管理です。応募者からの連絡に対する返信や面接日程の調整などが主な業務で、アウトソーシングしやすい工程になります。

 

4 適性検査などのスクリーニング・採用選考

スクリーニングや採用選考は、採用過程において非常に重要な業務です。しかし、応募が多い企業にとって、応募者のスクリーニングも大きな負荷となります。RPO(採用代行)では、企業が設定した採用基準に合わせ、応募書類や適性検査の結果をもとにスクリーニングします。

 

5 採用状況のレポーティング

採用状況のレポーティングでは、応募者数や現在の採用人数、面接の予定などをデータで可視化します。進捗状況の報告だけではなく、今後の採用活動の参考にできる点も魅力です。これにより、安心して採用業務を任せることができます。

 

6 内定者フォロー

求人が売り手市場になると内定辞退率は増加する傾向にあり、対応をおろそかにしていると他社に優秀な人材が流出してしまう可能性もあります。そのため、近年は特に内定者対応を重要と考える企業は多いようです。

 

 

4.RPO(採用代行)のメリット


 

RPO(採用代行)を依頼すると、下記のようなメリットがあります。

 

  • 採用業務の負荷軽減
  • 採用効率の向上
  • 採用後のミスマッチの減少

 

それぞれ詳しくご紹介します。

 

  • 採用業務の負荷軽減

採用業務の負荷を軽減し、コア業務に集中できる点が、RPO(採用代行)に依頼することの最大のメリットになります。アウトソーシングすれば、採用担当者による応募者との接触回数や面接回数などを減らすことができます。その結果、採用担当者は企業にとって利益を生むコア業務に集中できるようになります。

 

  • 採用効率の向上

採用効率を向上できる点もRPO(採用代行)のメリットです。それぞれの企業に合った求人サイトや広告を選ぶことで効率良く母集団形成ができます。また、応募者情報や面接データも一元管理するため、スピーディーかつミスのない採用が可能です。

 

  • 採用後のミスマッチの減少

採用後のミスマッチを減らせる点もRPO(採用代行)の魅力です。RPO(採用代行)では、専門的な知識を持つ採用のプロがアサインされます。企業が求める人材をプロの視点から適正な採否判断により見極めるため、採用後のミスマッチを回避できます。

 

 

5.RPO(採用代行)のデメリット


 

RPO(採用代行)のメリットをご紹介しましたが、デメリットも存在します。