ページ内検索

面接代行とは?高まるニーズ背景や利用するメリット・デメリットは?

 

面接代行は、元々外資系企業を中心に活用され、今や日系企業にも広く普及している採用サービスの1つです。

主に以下の課題を解決するために用いられます。

 

  • 大量採用を行なっているため、面接官の工数が逼迫しており日時調整などがスムーズに行えない
  • 選考プロセスにおける辞退率が高く、採用活動がうまくいかない

 

ここでは面接代行に関する情報と得られるメリット・デメリットについて詳しく解説します。

採用活動でお困りの方はぜひご覧ください。

 

 

目次

1.  面接代行サービスとは
2.  面接代行サービスが注目される背景
3.  面接代行サービスの提供する業務・流れ
4.  面接代行サービスを活用するメリット
5.  面接代行サービスを活用するデメリット
6.  面接代行が向いている企業の特徴とは
7.  面接代行サービスを選ぶ際のポイント
8.  エスプールリンクでは面接代行サービスを提供しています

 

 

1.面接代行サービスとは


 

面接代行サービスとは、企業に代わってオンライン面接や対面面接を請け負い、代行するサービスです。

 

  • 応募受付・面接設定
  • 人材紹介会社との調整
  • 書類選考・スクリーニング・ヒアリング
  • 説明会
  • 面接・面談
  • 応募者情報のレポーティングや分析

 

こういった業務をアウトソーシングすることにより、企業側は要員計画や採用戦略等のコア業務に注力することができます。

ノンコア業務の負担軽減だけではなく、 通常企業が対応できない曜日・時間でも応募者対応や面接が可能 になる為、対応リードタイムが短縮され 応募者の離脱率を低下、採用単価の削減 にもお役立ていただけます。

 

 

2.面接代行サービスが注目される背景


 

近年、採用活動が多様化かつ短期化していることから、採用担当者の業務工数が増えています。その背景には近年の採用マーケットが売り手市場化している点が挙げられます。
以下の表のとおりエンジニア職種は求人倍率が10倍を超えるなど、多くの企業が人材獲得に苦戦を強いられています。

 

職種 求人倍率
全体 2.38
営業 2.57
企画・管理 3.39
エンジニア(IT・通信) 10.46
エンジニア(機械・電気) 4.49
専門職(メディカル) 0.89
専門職(化学・食品) 1.36
専門職(建設・不動産) 4.92
専門職(コンサルティング・金融) 6.95
クリエイター 1.51
販売・サービス 0.64
事務・アシスタント 0.40
その他 0.03

引用: doda転職求人倍率レポート

 

このような状況の中、採用業務の一部を切り出し外部へアウトソースする流れが加速してきており、中でも面接代行サービスが注目を浴び始めています。

面接は、企業側にとっては事前準備や事後処理に非常に工数がかかります。また、候補者にとっては面接時に感じる印象が企業選びの重要なポイントとなります。そうしたことから、面接のプロへの依頼による効率化の手法が広まっています。

 

 

3.面接代行サービスの提供する業務・流れ


 

 

面接代行サービスでは、主に以下の業務を提供しています。

 

➀採用ターゲットの確認

➁ヒアリング内容や評価基準の策定

③面接・面談の実施

④面接のレポーティングと分析

 

面接代行サービスのみではなく、応募受付や面接日程調整を含めたRPO(採用アウトソーシング)サービスの一部として提供されることが多いです。

 

①採用ターゲットの確認

ご依頼いただいた企業様がどんな人材を求めているのかを伺い、採用基準を策定。企業の価値観や考え方によって千差万別な為、 ミスマッチが発生しないように慎重に定める 必要があります。

 

②ヒアリング内容や評価基準の策定

①の内容に基づき、 面接官側のアリング項目や応対内容 に加え、 応募者の回答への評価基準 を定めます。

また、 応募者からの質問への回答内容についてもFAQを作成 し対応いたします。

 

③面接・面談の実施

面接・面談を実施します。これまでの流れで企業とすり合わせた内容をもとにヒアリング、評価ポイントのチェックを行います。

採用リードタイムを短縮させるために、 最短で応募当日の面接実施 が可能なサービスもあります。

 

④面接のレポーティングと分析

オンライン面接の場合、録画データや面接評価シートを報告物として連携されるのが一般的です。

採用担当者のタイミングに合わせて面接レポートを確認いただき、 採否の判断のみ